読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大卒4年目3社目マンの健康社蓄ライフ

26歳、大卒4年目3社目年収200万円台マンがお送りする、社蓄健康法をご覧あれ!

オリンピック

オリンピックは縁日。祭り。

高梨沙羅選手は残念な結果に終わってしまいました。

卓球の福原愛選手と高梨選手を比較している人がいて、福原愛選手は小さい頃の泣きながら練習している画を国民が割と共有しているから愛される。
高梨選手はそういう努力してのし上がったストーリーがないからあまり愛されないと評していた人がいました。

確かに日本人が好むのは福原愛選手のストーリーでしょう。
しかしアスリートは、常人が努力と感じてしまうゾーンを快楽化できている、努力と感じないからこそオリンピックに出られるぐらいのレベルになれたんだろうと思います。
毎年競技に取り組んでいるのに、四年に一度マスコミや周りからガヤガヤ言われても…という感情もあるのではないでしょうか。

そしてオリンピックでの競技の結果は、祭りの子供向けのくじを引くようなもので、運の要素も大きいと思います。
上の等(メダル)が当たればラッキー、ぐらいなものではないでしょうか。

国の金で行ってるんだから結果出せと言っても、普段はアスリート個々の金や何よりアスリートの皆さんの「時間」という資産を使って競技をしているので、正当性がある物言いかというと疑問です。

参加することに意義があるってのはまさにだと思います。ボーナスステージで、祭りだよ。マスコミのメダル煽りはいつまでやるのだろうか。