読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大卒4年目3社目マンの健康社蓄ライフ

26歳、大卒4年目3社目年収200万円台マンがお送りする、社蓄健康法をご覧あれ!

こんなもんでしかない自分を認める。

佐々木俊尚さんのツイートまとめ/若者たちを縛る「レールから外れる」という不安/「僕は自分がこの国でエリートコースに乗れると素朴に信じて疑っていなかった」 - Togetterまとめ

1年と少し前、(一応)夢を追うのを理由のひとつとして、新卒で入った会社を辞めました。
地方プラス、そこそこ激務と有給?何それ(辞める時は使えました^ ^)な文化の企業だったため、そこから半年就職活動をしました。そこから2社目に入り、数ヶ月で辞め、日雇いバイトで喰いつなぎ、今の3社目で数ヶ月目に至ります。

大卒の標準コース?すら外れまくりです。俺の場合は辞める理由にパワハラとか不幸な原因はなかったので自ら飛び降りるように外れただけかもしれませんが…

とはいえ適当にやめたわけではありません。現状、転職前に目指していたことのいくつかは実現できました。いずれも小さなことですが。

結局人生一回しかないから、やりたいことができる人はやるのがいいと思うし、上のリンクのtogetterに言及するとレールを外れるのが怖くてもしがみついていられるならしがみつけばいいし、降りるなら降りちゃうのも手だし。

今、そんな状態であり、こんなもんでしかない自分をまず認めてあげるのが出発点な気もする。自分を1番認めてやれるのは自分だから。