読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大卒4年目3社目マンの健康社蓄ライフ

26歳、大卒4年目3社目年収200万円台マンがお送りする、社蓄健康法をご覧あれ!

社畜ハ皆、平等ニ社畜デアル

誤爆なう:仕事の「しんどさ」を比較される事に辟易してる件 - ブログ/韻 The Future

営業をやっていると(完全に社交辞令的に)「営業か、大変だね〜。」と半分ぐらいの確率で言われます。

その度に俺は思うのです。
仕事である以上、大変だ楽だってのはそんなにない。ということ。
一応内勤もやった身としては、内勤もしんどければ外回りもしんどいです。
(そもそも労働に対する適性がない⁉︎)

だから、この論はすごくわかります。

その後やれ「あなた方より私達の方がしんどい仕事してる」とか色々と炸裂して、しまいに「あなた営業系の人だから分からないと思うけど、いま休憩を取ったあなた達よりも私達の仕事の方がしんどいから、こっちの仕事一回やってみて!」とまで言われた。これにはさすがにカチーンときたな。じゃあ何かい?俺はすっごい楽な仕事してるって言うの?って。(言わないけど。)
 
まぁ今までの歴代の会社でも何度かこういう事言われたり、議論になったことはある。
 
そんな経験を経た俺の結論としては・・・
「仕事のしんどさなんて比べようねぇだろ!」ってことだ。
俺は今まで、工場作業系、事務職系、企画系、営業系を経験してきたんだけれど、どの仕事もしんどい。
ただしんどさの「質」が違うだけだ。
仕事のしんどさは、比べるものではありません。持ち上げるならまだしも、比べる側を下げて貶めるのは残念な結果を産むと思うんですよね。