読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大卒4年目3社目マンの健康社蓄ライフ

26歳、大卒4年目3社目年収200万円台マンがお送りする、社蓄健康法をご覧あれ!

コミュ障だと思っている人こそ営業をやろう その1

数年前の就活生時代、ぁたしゎ総合職でゼネラリストになりたかった…


文系の七割は営業ってきぃていたけド。。
ぁたしコミュ障だし。。
山口六平太好きだし。
営業なんてマヂ無理。
もしなったらリスカしょ…



こんな考えで就活に臨んでいました。とはいえ、営業でも仕方ないかなみたいな考えも多いにありました。なんせゴマンといる文系学生ですからね。

しかし、結局行くことになったのは営業職での求人に対して応募していた企業という()

選り好みできる身分ではなかったのでね…

それで営業として数年働いて思ったのは、コミュ障こそ営業をやれ!ということです。
※ただしBtoBがいい気がする

個人向けも適性があればいいかもしれないけど、コミュ障だと思っている人向けだからBtoB企業にします。
コミュ障が営業をやるメリット

  • 金をもらってコミュニケーションをとれる

これです。会社は最高のビジネススクールとはよく言ったものです。コミュニケーションがだるいコミュ障にとっては、金をもらって社外の人とコミュニケーションをとれる営業職はある意味天職ではないかと思います。
コミュニケーションに金を払うよりは、もらってやった方がまだましという考えです。

続く